TAFEの技術は信用できるのか、否か。

こんにちは!Miaです☻

今日はとっても真面目に書こうと思います。笑

このブログは日本語で書かれているので、読んでいる人は10割、日本語を第一言語としている人で、きっと、日本に住んでる人が多いかな?と思います。

今回ここでは、日本語を第一言語としている人=日本人として書いていきます。国籍はアメリカだけど日本生まれ日本育ちって人も勿論いるけど、日本で生まれ育ってるならそれはもう立派な日本人じゃん?って私の理論。このブログのルールを握るのは、私だから。笑

日本人は「美容関係は絶対日本人にしてもらう」と言う人が多いと思う。

私もその一人で、まつげも髪の毛も、日本人にしてもらってます。髪の毛は最近何もしてないけど…

日本人って、手先が器用だもんね。まつげ、ネイル、髪の毛は日本人にやってもらいたい!って言う気持ち、わかります。

まつげの授業中に上まつげと下まつげがくっつく→オフ剤を目に入れられると言う事件がありましたが

ぶっちゃけこれ、レアケースねwクラスメイトも全力で引くくらい下手な人だったからね。裏であいつヤベーーよなwって言われるような人ですw

我がクラスメイト、あの事件は忘れられないらしいw

スパツアーに行って思ったけど、TAFEで勉強してるってかなりの即戦力になるよ。スパでやってるトリートメント、全部やってるもん。同じ商材使ってね。

なによりも、我がTAFE。アセスメントの量がえげつないです。持ち込み可能なOpen bookだけど、テストもちゃんとあります。

ビューティーの勉強って、楽でしょ〜技術さえ覚えればいいんでしょ〜

って日本人からはよく言われるんだけど(しかも見下される)結構大変なんだよー。体のシステムとか覚えなきゃいけないし、筋肉とか骨とかも名前書かされるからね。

特にオーストラリアは法にうるさいので、法も取り扱います。

確かに日本人の方が手先は器用。細かいことは得意だと思います。でも、TAFEで勉強してしっかり卒業した人は、何人だろうとしっかり技術は付いてます。

勿論、ん?って人もいるけど、それはどの国だって同じだよね。習得が早い人も遅い人もいるからね。うちのクラスの微妙な人は練習してないだけだけど。

ローカルのサロンってどうなの?

ってよく聞かれるけど、私は施術者がDiploma of Beauty TherapyかCertificate 3 Beauty Servicesを持っていて、TAFE卒であれば信用して大丈夫!だと思います。シティによくあるベトナミーズサロンとかはやめた方がいいかもね。あそこは無法地帯だから。

広告

TAFEサロン。

こんにちは!Miaです☻

TAFEって一体何がすごいんだ!?

って思いません?大変だのなんだの言ってるけど()実際何がすごいのかさっぱり伝わってないよね?

使ってる商材は、実際にサロンで使われてるものです。なので、これ高いから沢山使わないでね!!!サロンでは4滴だけど、ここでは半分の2滴ね!!って普通に言われます。w

私がTAFEにしよう!って決めたのは、実習ができることかなぁ。

TAFEは、ビューティーの生徒のために、ビューティーサロンがあります。

自分で練習するのと、人に施術をするのは、後者が圧倒的に上達が早い。

って言うのをネイルスクール時代に覚えたからね。サロン持ってて人に施術できる機会が与えられるってすごい!と思って、TAFEを選びました。

Students salonなので、破格です。マッサージ(全身)なんて、1時間$27。

毎週木曜日、16時から、TAFEにて♪

もし興味がある方がいたら、詳細お伝えしますので、ご連絡ください♪( ´θ`)ノ

私を通して予約をしてくださればもちろん私が施術しますし、スペシャル割引もありますよ♡

まさかの週4

こんにちは!Miaです☻

ひっさびさの1日2回更新!

私的TAFEのいいところは、学校に行くのが週3だというところでした。。

んが!しかし!セカンドセミスター!私ね、週4なの。。

なんでや。なんでワシが週4も学校行かないかんのじゃ。

ってブーたれてたのよねん。ブーブー言いそうでしょ。もう、長いことブログ読んでる方、普通に付き合いのある方。分かるでしょ。めっちゃ言いそうでしょ。

もう、ゴリゴリに言ったかんね。嘘や!!なんでワシ週4!!!って。

ほかのクラスメイトは週2なの。なんやそれ羨ましいぞ。←基本的に学校大嫌い

だからさ、

あー留学生だから?ビザ的なアレ?だから週4?政府に怒られる系?じゃあ仕方ないやつやん?這ってでも行くよ?

って思って今日授業行ったんだけど、違った。普通にオージーもいた。サーティフィケイトⅢ終えてディプロマに来た人とかは同じ括りだった。

単純に私の属するディプロマ(2019/1〜)の人数が多いらしい。多分、ベッドの数が足りないんだろうな。

アセスメントの数減ったと思ったら、登校日が増えました。ちゃんちゃん。

いや、だから。TAFE大変なんだって。伝わって、いい加減。

こんにちは!Miaです☻

昨日ね、提出してたアセスメントが返ってきて驚きました。結構ヘビーなやつだったんだけど、まさかの一発Satisfactoryでした…!

私、やっぱ天才だった。薄々思ってたけど。

まじ記念日!アニバーサリー!酒飲もう!誰か持ってきてくれや!って思って、呟いたところでまあ誰もお酒なんて私に持って来ないんだけどw今日くらいは飲もう!!ってルンルンでニヤニヤしながら外に駆け出してボトルショップに行こうとしたんだけど、歩くのがめんどくさくてやめました。(ウチからボトルショップは少し時間がかかるのです)我ながら引くわその面倒くさがりや…

私の飲み友達はただいま全員オーストラリア国外。なので一人、炭酸水をいただきました。この際しゅわしゅわしてればオッケーw

知り合いからTAFEについて質問が来たのね。ていうか費用しか聞かれてないんだけど、私がいろんなことベラベラ喋っただけね。w

大変だよ。想像以上のキツさだよ。って言ったんだけど全然響いてなかった。わろたやな。

オーストラリアで学生、っていうと絶対楽しいだけだと思われます。99%思われる。1%の思わない人たちは、実際にこっちの大学や TAFEに通ったことのある人や理解力が高い人だけ。パリピのようなただ楽しみに来た、実際の英語力は???みたいな、インスタ映え命!みたいな人たちの影響力がすごくて、私たち遊んでると思われてるんです。もうこれただの悪口なw

もうね、遊ぶ暇買えるなら買いたいわ。

TAFEって、皆さんが思ってるほど、楽なところではありません。ローカルの子でさえも苦しむところです。キラキラした学生生活がしたいなら、日本で行ってください。

もしかしたら、このブログを読んでる人でも、んなこと言っても大丈夫っしょwって「私なら大丈夫」って思ってる人もいるかもね。

もう、面倒だから単刀直入にいうね。

TAFE舐めんなよ、と。ビザの延長がしたいだけ、海外でどんな仕事でもいいからしてみたいだけ、海外の学生生活送ってみたいだけ、そんな目的なら金の無駄だから今すぐ日本に帰れ。

てかさ、よく考えて?自己肯定感強めで自分大好きな私でさえ、廃人のようになるんだからw

TAFEの大変さ伝わってないみたいだから、伝わるまでブログ書くわ。何年掛かってもいいから、書き続けるわ。影響力無さすぎや私のブログ。いや、影響力ないほうがなんでも書けるからいいけどw

まず、私のコースのスケジュールをご紹介しましょう。

私のコースDiploma of Beauty Therapyは、1年間のコース。セミスター1とセミスター2があります。やることが多いのに1年なので、とにかくとにかく詰め込んであります。

【例】
月曜日
朝:8〜12時 フェイシャル
昼:13〜16時 ワキシング(タンニング)

火曜日
昼:12〜15時 マニキュア・ペディキュア(ネイルアート)

水曜日
朝:8〜11時 メイク(アイラッシュ・アイブロウ&アイラッシュティント・アイブロウワキシング)
昼:12〜16時 ボディマッサージ(ボディトリートメント)

Infection controlとIntroductoryの二つもあります。こちらはオンライン授業。

というわけで、計13の授業がありました。今自分でも引いてるwこんなに受けてたんだね。

アセスメントは

Written Assignments
ワキシング、タンニング、マニキュア、ネイルアート、メイク、アイラッシュ・アイブロウ&アイラッシュティント・アイブロウワキシング:各1つずつ。大体平均で15ページくらいはあるかなぁ。

フェイシャル:2つ。大体の平均、こちらも15ページくらい?

ボディマッサージ(ボディトリートメント):5〜6個出した記憶。これがページ数多くて吐きそうだった。20ページくらい?

Infection control:多分5個くらい。こちらはそんなにページ数多くない。
Introductory::これ7個くらいなかった?こちらもそんなに多くない。比較的簡単。

Online Quiz
ワキシング、アイラッシュ、マニキュア・ペディキュア、Infection、Intro:各1回ずつ

あとはPractical Assignmentsが全部あります。

週に2〜3本あったよ。2本だと少ない!ラッキー!だった。笑

出せば終わりじゃなく、100点にしないといけません。なので、合格になるまで再提出。

留学生だから再提出になるんでしょー??って思う?

それが違うんだなぁ〜〜〜。ブログ熟読してくれよな!(ドヤ)

ローカルの子も、ふっつーに、Unsatisfactoryつけられます。私たち留学生だけじゃないの。

週に2〜3本抱えてるところに、再提出もやって来ます。時々、クイズもやって来ます。

あれよね。いい例えが思いつかなかったんだけど、双子(1歳になってない)のワンオペ育児でボロッボロになってるところ、年子の第三子を妊娠してしまった。しかも自分側も旦那側も両親は遠いから頼れる人がいない。。的な感じです。

結構一つのアセスメントに時間がかかるよ。これがね本当に時間があっという間に過ぎてしまい、休日どこ…?って感じw

私のコース(ビューティー)でこの量なので、日本人に人気のビジネスや観光学はもっとあると思います。しかも難易度もっと高いと思う。

日本の大学や学生生活は、きっぱり忘れてください。

そんなの関係ないところです。オーストラリアは。

むしろ今思うと、学生生活するなら絶対日本だわ。高校の時可愛い制服着れるし、大学は楽しいし。若い年齢でエンジョイできるっていいよね。27〜8歳くらいで弾けるのが一番きついからな。

ま、私の生活を見てもらえたらわかる。何故私が早起きをしだしたのか、、お酒を浴びるように飲まなくなったのか、、(大学時代は浴びるように飲んでました♡それが日本の大学生の文化であるw)

睡眠時間削ってでも、課題をする時間を作りたいからだよね。忙しくて飲む元気がないからだよね。物価高いってのもあるけどね。飲まないメリットは痩せること、二日酔いにならないこと♡

今はホリデー中で毎日平和にのんびりしてるけど、学校終わった後って、マジでボロボロしてドロドロしてるからね。

今後TAFEに入る人を心配してブログに常々大変!無理!って書いてるのではなく、ただただマジでこんなにもきついんだよってことをお伝えしたくてこのブログは運営されております。はい。

ローカルの人に言うと、大変だよね…わかるよ…って言われるんだけど、日本にいる人とかにはあまり伝わらないこの切なさね。

セミスター1終了!私、頑張った!

こんにちは!Miaです☻

今日…!やっと…!セミスター1が終わりました!

ふぅぅぅぅぅぅぅぅぅ

いえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇい

飲むぞぉぉぉぉぉぉぉ

ってなわけでね。

今日はどうしようかワクワクしております。

いや、飲むっしょ?みたいな。

元クズ大学生、本性現して来たわ。飲むのが本業、学校は副業。みたいな感じじゃん。日本の大学生って。

オーストラリアはマジで、逆。学校が本業、飲むのはお遊び程度。

だからね、本当に、1月から始まったこのセミスター。無事に終わったので一言言いますね。

日本の大学最高。ラブ、日本の大学。

私は日本の大学生を経験してこっちに来たから分からないし、絶対こうだよ!とか強くは言えないけど。

オーストラリアの大学を卒業してから日本で就職って、引く手数多かもしれないけど、絶対大変だと思う。主に飲みの文化が。特に大手企業に入っちゃうと。

周りがインターナショナルな環境の日本企業なら良いかもしれないけど、完全なる日本社会のところに就職すると大変そうよね。飲み会ばっかりじゃん?日本って。そういうの大変そうだなって思う。

理解ある上司なら良いけど、理解してくれない上司とかさ、何その酒の作り方?とか言いそう。やだわー。

ちなみに私は全力で最後まで飲み会参加するタイプでした(そう、楽しいこと大好きな人間w)

オーストラリアの大学はどれだけ勉強に時間を費やすか?が大事な気がします。図書館とかさ、ほんっと学生だらけ。みんな常にラップトップ持ち歩いてるし。日本の大学はもちろん、飲みにどれだけ時間を費やすかだよ。持ち歩くものといえば、ウコンの力かヘパリーゼ。。。

ま、ここまで割と半分くらい想像入ってるけど。実際はオーストラリアの学生さんも、クズみたいに飲んでるかもしれないしね。

ただ、達成感はすごいね!すっごい嬉しい!セミスター1が終わった達成感めっちゃある!

って言いたいんだけどさ、私大学時代も全く勉強しなかったがゆえに、成績は下から数えたほうがすっごく早かったので、前期後期終わった時もかなり達成感あったわw

でもなんだろう。ちょっと心意気が違うかも。気の持ちようってやつかもしれない。病は気から的な。

要は、すんげぇ嬉しい。母国語じゃない環境で頑張ったしね。

何を飲むか考えてる。ビールはいつも手軽に買えるから買っちゃうけど、今日くらいはスパークリングとか行っちゃおうかな…とか。とかとか。

結局、お酒は買わなかった。あれだけ考えといて。ちなみに今日の夜ご飯はジャンキーにしておきました。

私、何か自分の中でパァーっとやりたい時、ジャンクフードを選びがちw

いやでもさぁ、締まらんね。日本の学校だと、入学式・卒業式、始業式・終業式・修了式があるじゃん。あれがないからぼんやりしちゃうね。大学時代も思ったけど。

あの新学期のソワソワ感、大好きなんだけどな。

何はともあれ、セミスター1でご協力頂いた皆様、ありがとうございました!