何故、オーストラリア・ブリスベンにしたの?

こんにちは!Miaです☻

これまたよく聞かれます。

なんで、オーストラリアに来たの?
なんで、ブリスベンにしたの?

ぶっちゃけ、なんとなくです。爆笑。

特にオーストラリアが大好き!だったわけでもないし(なんならアメリカが好き)

ブリスベンとか全く名前も知らない土地でした。シドニーとパースくらいしか知らなかった。

過去に何度も留学とか考えてきたけど、そのときはトントンと進まなかったけど、23歳の時(23歳でオーストラリアにきました)はトントントンって進んで行ったんだよねー。

だから、オーストラリアに縁があるのかなー?って思ってます。

オーストラリアのメリットは、やっぱり日本と時差が少ないことかな。

大好きな土地だからきちゃった♡ではないです。決して。

オーストラリアに旅行で来たこと一度もないからね。こっちくる前に行ったことあるの、韓国と台湾だよ。無縁。

住んで早一年半。魅力がいまいち伝わってません。笑

普通に生活しすぎなのかなー。観光とか一切してないからかなー。寒くないって聞いてブリスベンのあるクイーンズランド州にしたけど、昨日雪降ったらしいよ。まじかよ。確かにめっちゃ寒かった。

でも私はビーサンだった。

そろそろビーサンやめようかなって思うんだけど、後数ヶ月もすれば暖かくなるから、ついついビーサン履いてしまう。靴代ケチってるくせに服はぽんぽん買う私。ブラマイでいうならマイナスやん。笑

慎ましく生きようと思ってんの。慎ましいとは程遠い人間だからw気持ちは慎ましくよ。

私が日本で英会話を習ってた先生が二人いるんだけど、二人とも偶然ブリスベン出身でね。ブリスベンに縁あるなーって思ったよ。

福岡時代習ってた先生が、オージーなんだけど、俺、オーストラリア大嫌い!絶対日本で死ぬ!もう12年帰ってない。飛行機嫌いだし帰りたくない。絶対日本がいいってー!って言う人でした。

そんなオージーあった事ないわ。こっちで。みんなオーストラリア大好きやん。愛国心半端ないやん。

こっちに来る前色々教えてくれたけど、今思い返せば終始悪口だったな。物価が高いだの、オージー特に男はクソだの。笑

先生、ジェイって言うんだけど、ジェイは恐らくオージーの国民性が嫌いっぽい。オージーなんだよね?うん?

でも、あんたはオーストラリア向いてると思うよ!楽しんでね!男には気をつけろよ!付き合うならアメリカンかカナディアンにしとけよ!

って言われたの。笑

元気かな。オーストラリアの悪口ばっかり聞かされたけど(笑)語学面ではいいことも教えてもらったよ。

3年間は上手に喋れなくても気にすんなって。最初に上達するのはリスニングからだから、そっちをまず優先して鍛えること。口は後から。そう言われたよ。

ってことは、私は一年半後には上手に喋れるようになってるってことか。。一年半後、どこにいるんだろう。わかんないけど、英語力上がってることを期待しておこう。

さ、これから試験です。試験ばっかりやん最近。

広告

留学☆エージェントの決め方

こんにちは!Miaです☻

今日は、私がオーストラリアに”初めてきた時のビザ申請方法”と”オーストラリア国内からの学生ビザ延長”について書いていこうと思います🤗

初めてきた時(2017年11月にきました!)の申請についてはアメブロに詳しく書いてありますが、ざっくり書くと

・2017年1月:エージェント探し(詳しくは こちら ☆)

・2017年2〜5月:学校選び。私は2校(ブラウンとナビタス)だけ聞きに行きました。理由は「ただ都合があったから」それだけ。笑 私はオーストラリアに行ければよかったし、元々美容の勉強がしたかったので、語学学校には全く興味がありませんでした。Pathwayのために行くって感じでしたね。学校によって厳しかったり緩かったり、国籍の比率変わったりするので、真剣に英語勉強したい人は真剣に選んだほうがいいかと思います。ちなみにナビタスは、スーパーゆるゆるです。生徒に手を出すクズな先生も多いけど(話を聞く限り何人かいます)ゆるいのが好きな方は是非。笑

・2017年5月末:入学書類記入・学費振込。(詳しくは こちら ☆)

・2017年6月中旬:入学レター受け取り。入学レターないと、ビザ申請できません。

・2017年7月:航空券購入。安いので早めにね。特に私は鹿児島が地元なので、成田周辺、関空周辺出身のと人と比べて国内移動費もかかります。

・2017年9月:ビザ申請。(詳しくは こちら ☆)私は最速の30分で降りました。この時、オーストラリアって私のことめっちゃ求めてるやん…って思いました。自意識過剰なのでw

・2017年11月:出発!

っていう感じでした。そしてお次は”オーストラリア国内からの申請”。こちらもざっくりアメブロに書いてあります。

・2018年3月:エージェント視察。初めに行ったところは使いませんでした。

・2018年7月:エージェント視察②。お友達に紹介してもらったエージェント(ブリスベン AIC で検索!)を利用しました。私の担当の方は実際にTAFEに通っていたので、色々親身になって今でもお話を聞いてもらっています。日本国内にもありますよ。とても素敵なエージェントなので、オススメです!

・2018年7〜10月:アカデミックイングリッシュにて、Pathway取得を頑張る。実際TAFEが始まって思うのは、アカデミック行っててよかった!ということ!簡単に入れる永住権所持組みとはやっぱり英語力(アカデミック力かな)違う。

・2018年8月末:TAFEへ仮の入学書類申請。ここで必要なのは「パスポート」「CoE」「その当時持っていたビザ(=語学学校の学生ビザ)の証明」「最終学歴の英訳(私は大卒なので、大学の卒業証明書と成績証明書)」「イミグレアカウント」「学生ビザ専用の保険(OSHC)」(詳しくは こちら ☆)

・2018年10月:アカデミックイングリッシュ卒業。ついにPathwayをゲット!このPathwayをTAFEに送る。

・2018年11月:ビザ延長の申請。(詳しくは こちら ☆)この時エッセイを提出しなければなりません。必ず日本に帰るアピールと、勉強したいアピール。私はこの時語学学校にいたので、先生に添削してもらいました。本当はそこまでしなくていいみたいです。笑 延長は、基本的に秒でビザ降ります。

・2019年1月:TAFEスタート!

そんな感じでした。私は最初の申請も、延長の申請も、時間がないから急がないと!!っていう。割とドタバタでした。特に最初の申請は出発までにもう半年ないよ?っていう。延長の時は4ヶ月くらいだったような…本当は余裕を持って申請すべきだと思います。ま、私に言われなくてもわかるわい!ってね。w

実はね延長の時。初めに行ったエージェントに私のコースは7月入学しかないって言われていたんです。来るのが早すぎるって追い出されました。苦笑 なので、私は7月しかないものだと思っていたのです。1月もあるよー!ってAICの方に教えてもらい(その当時7月中旬〜末くらい)またもバタバタ申請しました。

ビザ申請、書類申請、エージェント視察は、早すぎるということは絶対にないです。余裕大事♪

———————————————————————

アメブロ https://ameblo.jp/yumeno0108/

インスタ https://www.instagram.com/mianailsart

オーストラリア留学☆語学学校編 その③

こんにちは☻Miaです。

今日は

  • 語学学校の実情

をお届けします。まあお届けっていうか、私がダラダラ書くだけなんだけどw

前回もお伝えしたように、長期はしんどい!何度も言うけど、しんどい!

日本人だけじゃなくて、どの国の人も言ってる。「早く卒業したい…長すぎる…」って。笑笑

私はシニアティーチャーに相談したら、「あんた長いもんねー!長い子はお金は返ってこないけど、それでいいならカットしてもいいよ。しんどいでしょー。長い子はよくカットするから、レセプションで変更してね!」って言われました。

だからカットする。幸せを、買うって感覚。笑

あと、語学学校ってやっぱりビジネスなんだなと思います。突然潰れたりもするし、後先考えず、60人くらい一気に入ってくることもある。この間、ドバイのおぼっちゃまたちがサマーバケーションで60人いらっしゃいました。16歳が60人6週間いたんだけど、まあうるさいわ授業サボりまくってるわで先生たちも大変そうでした。

本当に教えるのが好きで語学学校の先生やってる人もいれば、なんとなく語学学校に勤めてる人もいる。前職と全然違う人もいる。前職ダンサーとか。ずっと先生って人も勿論いるよ。私が慕ってる先生は、今だに大学でお勉強してるみたいです。道でたまたま会って、どこいくのー?って聞いたら UQ行って授業受けないといけないのーって言ってました。確かにあの人は頭がいいし、こっちが言ったこと基本覚えてる。能ある鷹は爪を隠す人。色々資格持ってるのに全然自慢しないんだよね。恐らく、自慢だと思ってない。笑

あと、生徒に手を出すクソみたいなやつはまじで実在する。笑笑

手を出したいから語学学校の先生やってる人もいるよ。お気をつけて。あのひとめっちゃいいひとそう〜♡みたいな人が平気で手出してるからね。多分、奴は常習犯。知らないけど、手慣れてるはずw

あとね、これはエージェントでも言われると思うんだけど。下のクラスになればなるほど、本当に日本人が多い!私も初めはプリインターからだったんだけど(交渉の末すぐインターに上がれたので、交渉あるのみ!外国だから自分の意見は言おう!)9割日本人じゃなかったかな?

上に上がれば上がるほど、ブラジリアンやヨーロピアンに囲まれます。日本人が多いと授業も日本っぽくなってしまうけど、外国人たくさんだと緩くて楽しいよ。個人的にスパニッシュの顔が好き。濃さがちょうどいい!オージーは、薄い!いや、これまじでびっくりしたの!オーストラリアにきたらイケメンたくさん♡ルンルン♡ってワクワクしながら来たんだけど、イケメンいない。見たことない。イケメンいたとしても皆さんゲイで、隣に彼氏がいる…。この国でオシャレなイケメンはゲイ。

  • オーストラリアでイケメン探そ♡
  • オーストラリア人の彼氏ゲットして永住権ゲット♡

みたいな理由で来るならオススメしません。オーストリアじゃなくて、アメリカカナダに行きましょう。オーストラリア人でイケメンはお見かけしたことがありません。あとオーストラリアの男性は、クズです。いい人もたまーーーにいるけど。私の日本で英語教えてもらってた先生がオーストラリア人(男性)なんだけど、

絶対!絶対オージーとは付き合うな!!!俺がいうのもなんだけど、クズしかいない!!!

と何度も何度も言ってきました。またまたー。と思ってたらホストマザー(オーストラリア人)も

私もオーストラリア人だけど、絶対嫌!クズしかいない!絶対オーストラリア人とは付き合っちゃダメよ!ヨーロピアンにしなさい!

って言ってたの。私信じてなかったんだけどね、まじでクズでした。本当でした。ホストマザーが言ってた、ヨーロピアンはいいわよー。も、本当でした。ヨーロピアンって本当根っからのジェントルマン。優しい。菩薩か。

やっぱり語学留学のいいところは、外国人のお友達ができるというところ!!これにつきる!!しんどいけどね!

オーストラリア留学☆語学学校編 その②

こんにちは☻Miaです。

さて今日は、

  • 私が何故長々と語学学校に通っているのか

を書いていこうと思います。

これを見ている、これから留学を考えている人は、穴が開くくらい読んでほしい。私が留学前に知りたかったくらい。

私は、語学学校に52週通うことになっています。まぁ近々削ろうと思っていますが。聞いただけでも長いよね。笑

オーストラリアはね、卒業後、準備期間として+1ヶ月。準備期間がもらえるの。確か48週未満?50か52週を超えると、+2ヶ月滞在できます。私はこの2ヶ月に惹かれて52週にしました。

ただ、今思うのは、

52週もいらない!!!一年も語学学校に通う必要は、さらさらない!!!語学学校が楽しいのは、最初の3ヶ月目まで!!!あとは地獄!!!

毎日、毎週、毎月同じことの繰り返し。それなのに週5も通うなんてきつい。鬼。地獄。サザエさんなんて放送してないのに、毎週日曜日の夜はサザエさん症候群。

オーストラリアはね、語学留学でもホリデー入れられるから。長くいたいなら、ホリデー取りましょう。

私のように専門学校や大学進学を考えてる人は、長期がいいかもしれません。アカデミックにすぐ入れるか分からないしね。何度もプリテスト受けたけど、ダメで結局卒業していった子もいます。だからその辺は自分の語学力と相談しましょう。

私は語学学校に入学したとき〜アカデミックに入るまでは、ジェネラルイングリッシュというコースにいました。基本的にスタートはみんなジェネラルじゃないかな?ジェネラルは楽しくやろうぜ!いぇーい!みたいなコースなので、楽しいです。テストもあるけど、別にそこまで真剣にとらえる必要ないです。うちの学校はね。笑笑

うちの学校(Navitas English Language Schoolというところに通っています。教育関係者の中では有名らしいけど…実際どうなんだろうねw)は、どれだけテストで点数が取れなくても10週経てば上に上がれます。この辺は学校によって違うみたいで、厳しいところは厳しいです。うちはゆっるゆるwしかもうちの学校今レベル下がってるから、日本人って基本的にはスピーキングが弱いからエレメンタリープリインターメディエイトからのスタートなんだけど、インターメディエイトかアッパーインターメディエイトからのスタートが多くなってる。全然喋れなくても。私が入学した頃は、インターやアッパーから入る日本人は相当ペラペラというか才女みたいなめっちゃ頭いい人が多かった。実際日本でも高学歴の、本当に頭のいい人だったりする。でも最近はなんかそうでもない気がします。私が来た頃に比べたらね。絶対10週ルールのせいだと思うけど…。

しかし交渉と学力次第では早めに上がれたりします。私は初めプリインターからだったけど、あまりにも簡単すぎてシニアティーチャーに変えてくれー!!って頼み込みに行きました。テストも毎回ほぼ満点だったからあっさり上げてくれたよ。交渉しに行っても(私と同じ条件でも)ダメな人はダメだったと聞いたので、あとは運かなぁ。

でもこの国は自分の意見を言ってナンボな国なので、自己主張は大事かなと思います。

私はジェネラルに8ヶ月いました。ホリデー抜くと6ヶ月半くらいかな?アカデミックが終わったらジェネラルに戻ります。もう勉強したくないの。毎日きゃっきゃしてたい。笑

アカデミックイングリッシュは、10週間みっちりと仕込まれます。仕込まれてます。Pathwayを使えるコースになるので、大学進学のための準備のコース。エッセイってどう書くの?とか、授業ってどうやって受けるの?とかを教えてくれます。基本的に周りは大学進学希望者のみです。みんなPathway狙い。Pathway使う必要ないなら、行かない方がいいです。

海外の大学って、入学は簡単だけど卒業が大変って聞いてたけど、こりゃまじでしんどいわー。私、日本の大学でよかった♡日本の大学なんて、うぇい↑って感じで卒業できるからね。確かに入試はしんどかったけど。今でも大学生活は大事な思い出♡

本当にしんどすぎて、TAFE行くのやめようかな。日本帰ろうかな。って思います。笑笑

でもだからといって、日本に帰って何するよ?って話でしょ。一応ここまできたからには、TAFEには進学しようと思います。

オーストラリアって元々イギリス領だったでしょ?コモンウェルス加盟国なの。だから、コモンウェルス加盟国でオーストラリアのネイルの資格使えるんだって!(諸説あり)私がオーストラリアにした理由はまさにこれ。アメリカやカナダは、州の資格。オーストラリアはオーストラリア「国家」資格。国家資格と言う割には、ん?って感じだけどね。私、オーストラリアでなら大好きな有本先生(ジェルネイルの神様♪)になれるんじゃないかな?ってすごく思う。私がだよ。私が。私が有本先生だよ。それくらいネイルは遅れてます。

私の大好きなシンガポールも、コモンウェルス加盟国なの。だから私、シンガポールでサロンだそう!と思えばできるらしい。ビザとか色々問題はあるけれども。

今、オーストラリアにきて9ヶ月目になりました。2017年11月11日、ポッキーの日に来ました。偶然ね。

語学学校、まじで嫌い。早く卒業したい。

日本に帰っても英語の勉強頑張ろ!とかオーストラリア楽しかったな〜♡ってなれるのは、短期の4ヶ月未満の人だけじゃないかなぁ。

しかしね。語学学校もビジネスなので、いきなり学校潰れるとか普通にあります。だから学校選びは慎重に!学校潰れて転校した人聞いたことある。(学生ビザだと政府がサポートしてくれるんだけど、ワーホリや観光ビザだとサポートしてくれないんだって)

要点としては、

  • 長く通うな!
  • 学校選びは慎重に!

ということです。

最初は短めに設定しておいて、もっと勉強したい!と思ったら、オーストラリア国内からビザの延長した方が賢かったかな。

オーストラリア留学☆語学学校編 その①

こんにちは☻Miaです。

さて今日から何回かにわけて

  1. 何故私が語学学校に通っているのか。
  2. 何故長いこと語学学校に通っているのか。
  3. 語学学校の実情。

を書いていこうと思います。

  • 何故語学留学をしようと思ったのか??

もうね、そもそも何故オーストラリアに来ようと思ったか?からになってしまうんだけど。私、元々アメリカに行きたかったんです。ハワイが大好きで、ハワイに住みたい!ハワイが私を呼んでいる!(ただし行ったことはないw)って感じでハワイというかアメリカがよくて。映画とか、流行とか、アメリカからやってくるでしょ。世界を牛耳ってるのはアメリカ。だからアメリカがよかったんです。友達が朝起きたらいきなり億万長者になってた!って可能性がアメリカってありそうで、面白そうじゃん。ブリスベンでそれはないわ〜。うんうん。あと、寒いのが嫌なので暖かいとこが良かった。だからハワイ。

そんな私が何故?何故オーストラリアを選んだのかというと。

なんとなく

ただこれだけw

今思えばカナダとかもよかったんじゃないかなーと思う。まぁオーストラリアはオーストラリアでいいとこです。ブリスベンまじで何にもないけど。みんな何するの?

私日本でネイルの資格取るためにバイトしながらスクール通ってて、日本で個人事業主としてサロン開いたり、お店に勤めたり、その道もあったんです。でも日本って、どこのサロンも平均して上手だから。私のこの技術で、どのくらいのお金がもらえるのか?これで生活していけるのか?って考えると自信がなかったんだよね。こんな自信がない状態で、お客様に施術するなんて失礼!だと思ってね。

元々アメリカに行きたかった(今も行けるなら行きたいけど)くらいだから、海外で暮らしたかったんです。

海外行ったら、私のネイルのレベルって上の上なんじゃない!??

って自意識過剰な私は思ったわけです。あっ、私ね何事にもすごーく根拠なき自信があるの♡笑笑

だから、オーストラリアに来ました。日本と時差少ないってのがオーストラリアの魅力です。ぶっちゃけこれしか見当たらないけど。

荷物検査でネイルの道具引っかからないかな…

ってビクビクしながら来ました。引っかからなかったです。私の荷物ほぼネイルの道具だったから、もう重量制限ギリギリ。周りはわりとすっからかんだったらしい。その空白分けてくれー。って思いました。

あっそれでね、ネイルしてたから。オーストラリアで資格取ろうと思って。私にネイルや人生のあれこれを教えてくれたちえ先生が、オーストラリアの資格持ってるの。だから私も欲しかった!私はちえ先生になりたいのかもしれないね。

なので、初めは直接ネイルの学校(TAFEという専門学校)へ入学しようと思ってたんだけど、英語力がある程度ないということが判明。私が行きたい美容のコース”Diploma Of Beauty Therapy”はインターナショナル生が入るにはIELTS5.5〜が必要です。

大学進学希望者もそうだけど、インターナショナル生が現地の子と同じように現地の学校に通うには

  • IELTSを取る(日本で試験受けると3万くらいするから物は試しに!って感覚では受けれないっていう難点。スコア制なので、TOEICの難しい版って感じです。)
  • 語学学校に通って”Pathway”というダイレクトエントリーを使う(ただし、アカデミックイングリッシュというコースに入らないといけないです。学校によって色々違うみたいなので、語学学校・進学したい学校に聞いてみてくださいね。)

の2つ。もちろん、両方使えます。なので保険がかけられるの。私はこの保険が使いたくて語学留学にしました。今、アカデミックイングリッシュというコースにいます。恐ろしいです。毎日ひーひー言ってます。頭の中が日本語と英語でひっちゃかめっちゃかになっています。そろそろ爆発すると思う。