日本の大学と、海外の学校の違い

こんにちは!Miaです☻

今日は、元日本の飲んだくれ大学生が、日本の大学と海外の学校の違いを説明するよー!

私は大学ではなく、TAFE(専門学校的な)なので、大学との違いを書けないんですが、まぁほぼ一緒だと思います。

違い一覧↓

☆日本の大学☆

・高校卒業した18歳がほぼ9割くらい入学

・課題ほぼなし(学部や選択の授業によりけり)

・飲むのがメイン

・うちの大学は手書きレポートがあった

・休んでもなんとかなる

☆海外の学校☆

・色んな世代の人、職業の人がいる

・課題いっぱい

・飲み会とかない

・オンライン提出だらけ

・みんな結構真面目に来る

こんな感じです。私大学時代にオンライン提出したことないから(提出用のポストがゼミ室の近くにありました)そこに手こずった。初歩の初歩やんか。

あとね、アテンダンスは必ず80%切らないこと。(ローカル、インターナショナル共通のルール)これは語学学校もそうだね。70%切ったら強制帰国だもんね。私、大学時代全力で休んでたわ。二日酔いとか、行きたくないとかで。スーパー日本の大学生です。典型的な。多分アテンダンス制度あったら70%は切ってたな。

パソコンは、使えないと絶対ダメ。

あと、日本の大学って、特に女子はグループがあると思う。うちの大学はあった。ちなみに私は女子大出身です。女しかいないからね、嫌な女のイジメとかあったよ。大学生なのにねぇ。私は誰もいじめてないけど、嫌なことされたことはあるよ。

私が25歳になって色々と気の持ち方とか変わったり、自分に少し余裕ができたりで、あんまり気にしてないってのも大きいけど、私が見る限りグループはないかなぁ。あの人とあの人が仲良し、ってのは確かにあるけど、○○ちゃんと一緒に座れないとか嫌😭😭😭とかはないね。

広告